デリケートゾーンの臭いが強い人の特徴

デリケートゾーンの臭いは人には相談しにくい、やっかいな悩みごとです。どんなタイプの人が、デリケートゾーンの臭いに悩むことが多いのかを、今回はお伝えします。

■おりものが多い
おりものが多い人は、実は性病を患っている可能性がありますが、そもそもおりものは臭いがするものなので、悩みの元であるニオイの実体はおりもので、デリケートゾーンの臭いではない可能性が考えられます。

性病については以下で説明しますが、デリケートゾーンの臭いに悩みがちな人は、性病に限らずおりものが多いというケースがあるのです。

このようなケースに当てはまる人は、市販のおりものシートを使用してこまめに換えるといったことを習慣づけましょう。

■デリケートゾーンの臭いの原因は性病?
多少ニオイがするのが普通であるデリケートゾーンですが、それが心配になるほどのニオイである場合は、性病を疑う必要があるかもしれません。

◇臭いがしない性病もある
先にお伝えしておきますと、すべての性病が臭いを発するかと言えば、そうではありません。他と比べてニオイを伴わない性病は、エイズ、梅毒などです。

しかし性病でなくても、臭いを発する病気もあり、子宮頸がんがその例です。病気でなく性質的なものでニオイを発するのが、「すそが」と呼ばれるものです。

臭いがすべて性病に繋がるわけではありませんが、臭いが気になるようになったら、何かおかしいという感覚は身につけておいたほうがいいでしょう。

◇こんな性病が臭いを伴う
細菌感染症であるクラミジア、トリコモナス、カンジダ膣炎などが臭いを発する性病です。しかしその中で性交が原因でない場合もあるのがカンジダ膣炎です。これは性的行動が無くとも、膣内の常在菌が増殖することで発病することがあります。

しかし、腰かけた状態でも、インナーを通り越して感じることができるほどの強い臭いを発するのがカンジダ膣炎です。魚が腐ったような臭いなので、異常だとわかるはずです。トリコモナス、クラミジアでも同類の臭いを発します。