生理不順がデリケートゾーンの臭いを誘発

生理は毎月ちゃんときていますか?生理不順が実はデリケートゾーンの臭いの原因になることがあります。臭いの改善のためにも生理周期を整えましょう。

■デリケートゾーンの臭いが生理不順で強くなる理由
女性ホルモンの減少が、生理不順によって引き起こされることがあります。

◇女性ホルモンが減少すると汗をかきやすくなる
汗をかきやすい体質に変化することが女性ホルモンの減少で起こる場合があります。ただでさえ蒸れやすいデリケートゾーンの環境は、当然汗を多量にかくことによって悪化するものです。

◇もともとの原因であるストレス
ではなぜ生理不順が起こるのでしょうか。大いに関わっているのが日々のストレスです。そして膣内環境が女性ホルモンの減少によって悪化するのです。

デリケートゾーンの臭いの変化は、膣内環境の変化がもたらすことがあります。様々な問題を体にもたらすストレスとは、発散方法を見つけてうまく付き合っていかなければいけませんね。

 

■原因は他にもある
上記のストレス以外にも、過剰なダイエット、太りすぎ、女性特有の疾患という3つの原因が生理不順を生み出します。

◇ホルモンの均衡を崩すのはいずれの原因も同じ
大いに関連し合っているのが上記の原因群です。ストレスによって体重の増減が大幅に変化することもあり、また、その体重の増減によって体格が変わってしまったことや、ダイエットそのものがつらいといったことでストレスが生み出されることもあるわけです。

ストレスは生活のリズムが乱れることからも発生します。ホルモンの均衡を崩すのは、このような日々の生活で心身にかかる過剰なストレスです。その結果、生理不順が起こります。ホルモンの均衡の乱れによってエストロゲンなどの女性ホルモンが減ってしまうためです。

 

上記の原因になりうる要素が、ひとつひとつバランスよく整っていれば大丈夫ですが、一度この要素のどれかに支障が出てしまうと、続いてほかのバランスも崩れてしまい、結果的にうまく回らなくなり、全ての要因が揃ってしまう事態になります。

生活のリズムを整えて、ストレスを溜めず、上記の生理不順の原因をひとつでも生まないよう日々を過ごせるよう、心掛けましょう。

◇女性特有の疾患に注意
ストレスには心当たりがないのに生理不順があまりにもひどいという場合は、女性特有の疾患の可能性を疑い、専門医で受診しましょう。疾患が生理不順を生み出しますが、これはストレスが要因というよりも、遺伝などで患うことも多々あるので注意が必要です。

■デリケートゾーンの臭いにはどう対応すれば良いか
先述の通り、ストレスは生理不順の発生に大いに関係しています。ということは、ストレスを軽減させれば、生理不順も起こりにくくなり、それが原因で起こる膣環境の悪化を食い止められ、臭いも軽減できるでしょう。

ですが、ストレスが少ない生活は明日すぐ始められる、というものでもありません。考え方や生活を変え、徐々に改善していなければならないものです。

そこで生理周期が整うまでの間は、臭いを消してくれる下着やシートなどを使用するのも手です。臭いもストレスのひとつになりうるかもしれませんが、対策しつつ上手に付き合っていくと、心も軽くなるかもしれませんね。あそこ臭い