臭いが要因で恋が終わる!?

恋が終わって、落ち込んで立ち直ったら、その失敗を次に活かしたいものですよね。「でもその失敗の誘因が不明なんですよ……」という皆さん。1度、デリケートゾーンの臭いに目を向けてみてはいかがでしょうか。

■デリケートゾーンの異臭が誘因で恋が終わる?
よほど堪え性のない男性でない限り、少しぐらい恋人のデリケートゾーンが臭っても、それだけで別れようとする事はないはずですよね。しかし裏を返せば、相当強烈な異臭であればさすがに別れたくなるという事。

そうなる前に、しっかりとデリケートゾーンの異臭ケアに取り組みましょう。

◇なぜ?デートのペースが落ちてきた
「毎週土日」だったデートが、だんだん半月に1回になり、月1回になり……。でも、会えば楽しいし、メールやLINEのやりとりも今までも変わらない。

このように、明確な誘因がないのであれば、1度「デリケートゾーンの異臭」に目を向けてみましょう。「まさかそんな事で……」と感じるかもしれませんが、存外重大な理由になってしまっている場合もあります。

◇自らの異臭には鈍いものです
特に意識せずに生活していると、なかなか自らのデリケートゾーンの異臭には気付けないものです。仮に自らの異臭に気付くようなのであれば、それはよほどの事態です。失恋云々は一旦忘れて、医療機関を訪れる事を視野に入れましょう。

「意識せずに」生活していては気付けないのですから「意識する」必要があります。ですから、トイレや入浴等のタイミングで、デリケートゾーンの異臭をチェックしてみましょう。

それほど鼻とデリケートゾーンが近づいていない段階で、異臭が分かるようなのであれば、鼻が近づくと気が滅入るほどの酷い異臭を覚える事になるはずです。

恋人同士であれば、デートの終わり頃などにそのような営みを行う場合もあるわけですから、彼氏さんがデートの回数を減少させたくなるのも当然の事ですよね。

 

■下着の異臭は大丈夫?
「トイレでもお風呂でも異臭は無かった。臭いの問題では無さそう……」と、結論付けるのは少々早計かもしれません。今までのチェックに加えて、日中着用し続けていた下着から、異臭が漂わないか否か確認する事も奨励します。

「しかし、場所的に絶対に臭うじゃないですか」と感じるかもしれませんが、発汗が多く蒸れに見舞われやすい箇所ですからそれは当然です。

ここで大事になってくるのは、あくまでも「酷い異臭」がするか否かです。あまりにも異臭が酷すぎたり、汗や雑菌とも言い難いような変な異臭がするのであれば、何らかの対策を取る事を視野に入れましょう。

ここまでも調べで異臭が無いのであれば、失恋の誘因は臭い以外にあったという事になるはずです。安心して、と言うのもなんですが、堂々と次の恋に臨んでくださいね。