思春期のデリケートゾーンの臭い対策

体も精神的にも変わり、大人の一歩手前に育つ思春期には、初めて直面する自身の変わり様に戸惑って葛藤することも多々ありますね。

その成長によりデリケートゾーンの臭いにも変化をもたらしていくのです。

■どんな風に変わるのか
思春期の体や考え方は大きく変わります。例えば、背が大きく伸びる、性的なものに興味が出てくる、干渉されるのが嫌になる、声帯が変化するなどです。

上記のような思春期の変容には、体の臭いも含まれます。当事者が女の子だと、この変化は思春期にはよくあることだとしても、必要以上に気にしてしまうこともあるでしょう。

◇思春期に体の臭いが強くなる理由
実はデリケートゾーンの臭いが、この体のニオイに大きく関わっています。戸惑うのも仕方ありません、デリケートゾーンのニオイが変化するのですからね。

体で何が起こっているのかというと、膣内環境の変化、すなわち膣内の常在菌のバランスの崩壊です。これは思春期にホルモンの均衡が崩れることによって起こるのですが、この時期は女性ホルモンが段々と活性化する時期であり、大人の女性に少しずつ近づく時期でもあるので、受け入れざるを得ません。

◇何が原因でデリケートゾーンの臭いが変わる?
思春期に入って生理が始まる女子が増えますね。この生理の時の臭いに戸惑う女子が多いでしょう。あの独特のニオイは、血液と体内から排出される液体が混ざることにより発されますが、さらに汗でデリケートゾーンが蒸れると、さらにニオイは強まります。

戸惑うのは、このような過程で発生した臭いに直面するタイミングである生理用品を取り換える時ということが多いですね。

 

■デリケートゾーンの臭いを改善させるには
最初のうちは、人生で初めて直面するできごとに戸惑うばかりでどう対処していいのかわからないことも多いでしょう。しかし徐々にニオイともうまく付き合うことが可能になり、自分の体のこともわかっていくことでしょう。

しかし、こういった経験は、周りの同年代の子たちみんな初めてですので、ひどい場合はいじめの原因がニオイということがあるとも限りません。

思春期の心は繊細なので、こういった経験がトラウマとならないように対処する必要があります。

◇菌の増殖を防ぎましょう
取れる対策は、デリケートゾーンの臭いの原因である菌の増殖を防ぐことです。生理用品はこまめに換える、また、こまめに交換できる下着を持ち歩く、汗をかいたらウォシュレットなどで清潔にする、そして、デリケートゾーン専用のせっけんや消臭剤を使用する、など。このような地道な対策が功を奏するでしょう。