パールクチュールの効き目を最大化|適切な歯の磨き方とは

せっかくパールクチュールを使うのですから、適切な方法で歯を磨きたいものです。
効き目を最大化するために、さらに詳しく、ブラッシングの仕方を解説していきますね。

1:奥歯、歯の裏、歯の表面

これらはあまり汚れが蓄積しにくい場所です。
これらの場所をブラッシングする際は、毛先を歯に垂直に当てて行うことを推奨します。
もちろん、力を入れすぎるのはNGです。
ちなみにこの磨き方のことを「スクラッピング法」と呼びます。

2:歯茎と歯の境目

この場所に関しては、毛先を45度の角度で、
歯茎と歯の境目に当ててブラッシングすることを推奨します。
このブラッシング手法のことを「振動法(バス法)」と呼びます。

こちらについても当然優しく磨いてください。
圧力をかけすぎると歯茎が痛め、血が出てしまう恐れがあります。

3:歯と歯の間

こちらに関しては「歯間ブラシ」か「デンタルフロス」を用いることを推奨します。
どちらにせよ歯肉にダメージを与えないように慎重に行ってくださいね。

歯間ブラシについては、抵抗が少なく歯と歯の間に
スムーズに入るものをチョイスすることを推奨します。

コメントは受け付けていません。