デリケートゾーンの臭いが強い人の特徴

デリケートゾーンの臭いは人には相談しにくい、やっかいな悩みごとです。どんなタイプの人が、デリケートゾーンの臭いに悩むことが多いのかを、今回はお伝えします。

■おりものが多い
おりものが多い人は、実は性病を患っている可能性がありますが、そもそもおりものは臭いがするものなので、悩みの元であるニオイの実体はおりもので、デリケートゾーンの臭いではない可能性が考えられます。

性病については以下で説明しますが、デリケートゾーンの臭いに悩みがちな人は、性病に限らずおりものが多いというケースがあるのです。

このようなケースに当てはまる人は、市販のおりものシートを使用してこまめに換えるといったことを習慣づけましょう。

■デリケートゾーンの臭いの原因は性病?
多少ニオイがするのが普通であるデリケートゾーンですが、それが心配になるほどのニオイである場合は、性病を疑う必要があるかもしれません。

◇臭いがしない性病もある
先にお伝えしておきますと、すべての性病が臭いを発するかと言えば、そうではありません。他と比べてニオイを伴わない性病は、エイズ、梅毒などです。

しかし性病でなくても、臭いを発する病気もあり、子宮頸がんがその例です。病気でなく性質的なものでニオイを発するのが、「すそが」と呼ばれるものです。

臭いがすべて性病に繋がるわけではありませんが、臭いが気になるようになったら、何かおかしいという感覚は身につけておいたほうがいいでしょう。

◇こんな性病が臭いを伴う
細菌感染症であるクラミジア、トリコモナス、カンジダ膣炎などが臭いを発する性病です。しかしその中で性交が原因でない場合もあるのがカンジダ膣炎です。これは性的行動が無くとも、膣内の常在菌が増殖することで発病することがあります。

しかし、腰かけた状態でも、インナーを通り越して感じることができるほどの強い臭いを発するのがカンジダ膣炎です。魚が腐ったような臭いなので、異常だとわかるはずです。トリコモナス、クラミジアでも同類の臭いを発します。

 

生理不順がデリケートゾーンの臭いを誘発

生理は毎月ちゃんときていますか?生理不順が実はデリケートゾーンの臭いの原因になることがあります。臭いの改善のためにも生理周期を整えましょう。

■デリケートゾーンの臭いが生理不順で強くなる理由
女性ホルモンの減少が、生理不順によって引き起こされることがあります。

◇女性ホルモンが減少すると汗をかきやすくなる
汗をかきやすい体質に変化することが女性ホルモンの減少で起こる場合があります。ただでさえ蒸れやすいデリケートゾーンの環境は、当然汗を多量にかくことによって悪化するものです。

◇もともとの原因であるストレス
ではなぜ生理不順が起こるのでしょうか。大いに関わっているのが日々のストレスです。そして膣内環境が女性ホルモンの減少によって悪化するのです。

デリケートゾーンの臭いの変化は、膣内環境の変化がもたらすことがあります。様々な問題を体にもたらすストレスとは、発散方法を見つけてうまく付き合っていかなければいけませんね。

 

■原因は他にもある
上記のストレス以外にも、過剰なダイエット、太りすぎ、女性特有の疾患という3つの原因が生理不順を生み出します。

◇ホルモンの均衡を崩すのはいずれの原因も同じ
大いに関連し合っているのが上記の原因群です。ストレスによって体重の増減が大幅に変化することもあり、また、その体重の増減によって体格が変わってしまったことや、ダイエットそのものがつらいといったことでストレスが生み出されることもあるわけです。

ストレスは生活のリズムが乱れることからも発生します。ホルモンの均衡を崩すのは、このような日々の生活で心身にかかる過剰なストレスです。その結果、生理不順が起こります。ホルモンの均衡の乱れによってエストロゲンなどの女性ホルモンが減ってしまうためです。

 

上記の原因になりうる要素が、ひとつひとつバランスよく整っていれば大丈夫ですが、一度この要素のどれかに支障が出てしまうと、続いてほかのバランスも崩れてしまい、結果的にうまく回らなくなり、全ての要因が揃ってしまう事態になります。

生活のリズムを整えて、ストレスを溜めず、上記の生理不順の原因をひとつでも生まないよう日々を過ごせるよう、心掛けましょう。

◇女性特有の疾患に注意
ストレスには心当たりがないのに生理不順があまりにもひどいという場合は、女性特有の疾患の可能性を疑い、専門医で受診しましょう。疾患が生理不順を生み出しますが、これはストレスが要因というよりも、遺伝などで患うことも多々あるので注意が必要です。

■デリケートゾーンの臭いにはどう対応すれば良いか
先述の通り、ストレスは生理不順の発生に大いに関係しています。ということは、ストレスを軽減させれば、生理不順も起こりにくくなり、それが原因で起こる膣環境の悪化を食い止められ、臭いも軽減できるでしょう。

ですが、ストレスが少ない生活は明日すぐ始められる、というものでもありません。考え方や生活を変え、徐々に改善していなければならないものです。

そこで生理周期が整うまでの間は、臭いを消してくれる下着やシートなどを使用するのも手です。臭いもストレスのひとつになりうるかもしれませんが、対策しつつ上手に付き合っていくと、心も軽くなるかもしれませんね。あそこ臭い

 

 

臭いが要因で恋が終わる!?

恋が終わって、落ち込んで立ち直ったら、その失敗を次に活かしたいものですよね。「でもその失敗の誘因が不明なんですよ……」という皆さん。1度、デリケートゾーンの臭いに目を向けてみてはいかがでしょうか。

■デリケートゾーンの異臭が誘因で恋が終わる?
よほど堪え性のない男性でない限り、少しぐらい恋人のデリケートゾーンが臭っても、それだけで別れようとする事はないはずですよね。しかし裏を返せば、相当強烈な異臭であればさすがに別れたくなるという事。

そうなる前に、しっかりとデリケートゾーンの異臭ケアに取り組みましょう。

◇なぜ?デートのペースが落ちてきた
「毎週土日」だったデートが、だんだん半月に1回になり、月1回になり……。でも、会えば楽しいし、メールやLINEのやりとりも今までも変わらない。

このように、明確な誘因がないのであれば、1度「デリケートゾーンの異臭」に目を向けてみましょう。「まさかそんな事で……」と感じるかもしれませんが、存外重大な理由になってしまっている場合もあります。

◇自らの異臭には鈍いものです
特に意識せずに生活していると、なかなか自らのデリケートゾーンの異臭には気付けないものです。仮に自らの異臭に気付くようなのであれば、それはよほどの事態です。失恋云々は一旦忘れて、医療機関を訪れる事を視野に入れましょう。

「意識せずに」生活していては気付けないのですから「意識する」必要があります。ですから、トイレや入浴等のタイミングで、デリケートゾーンの異臭をチェックしてみましょう。

それほど鼻とデリケートゾーンが近づいていない段階で、異臭が分かるようなのであれば、鼻が近づくと気が滅入るほどの酷い異臭を覚える事になるはずです。

恋人同士であれば、デートの終わり頃などにそのような営みを行う場合もあるわけですから、彼氏さんがデートの回数を減少させたくなるのも当然の事ですよね。

 

■下着の異臭は大丈夫?
「トイレでもお風呂でも異臭は無かった。臭いの問題では無さそう……」と、結論付けるのは少々早計かもしれません。今までのチェックに加えて、日中着用し続けていた下着から、異臭が漂わないか否か確認する事も奨励します。

「しかし、場所的に絶対に臭うじゃないですか」と感じるかもしれませんが、発汗が多く蒸れに見舞われやすい箇所ですからそれは当然です。

ここで大事になってくるのは、あくまでも「酷い異臭」がするか否かです。あまりにも異臭が酷すぎたり、汗や雑菌とも言い難いような変な異臭がするのであれば、何らかの対策を取る事を視野に入れましょう。

ここまでも調べで異臭が無いのであれば、失恋の誘因は臭い以外にあったという事になるはずです。安心して、と言うのもなんですが、堂々と次の恋に臨んでくださいね。

膣洗浄のメリットは?

デリケートゾーンは、発汗量が多く、パンツ等のせいで通気性も悪いですから、かなり汚れに見舞われやすい個所です。また、その汚れの誘因のほとんどが雑菌ですから、悪臭も漂いやすくなります。

ですが、膣洗浄を試せば、そのような悪臭と汚れを消去する事が叶うかもしれません。

■膣洗浄を行うメリット
改めて言いますが、膣洗浄は「デリケートゾーンの汚れと悪臭を消去するもの」です。さて、デリケートゾーンの異臭の誘因には、もちろん生理の経血も入っています。

そして生理の折の経血は、通常の怪我の折などの血液に比べて、悪臭が強烈になりやすいとされています。経血のメインの構成物は、膣分泌液、それから子宮とその近隣の不要な細胞ですから、どうしても他の血液よりも臭う傾向にあるのです。

という事は「余計なものが入っている分、ドロドロ感が強い」とも言えますよね。ですから経血は、細かいデコボコが無数にある膣壁に付着してしまいやすいのです。

 

1度付着してしまえば、デリケートゾーンから生理が終わっても継続的に生臭い悪臭が漂ってしまう可能性が高くなります。それに加えて、生理期間中はタンポンやナプキンが誘因で非常にジメジメ感が強くなりますから、悪臭の誘因菌も繁殖しやすくなってしまいます。

つまりは、膣洗浄で「膣壁に付着してしまった経血等を取り除いて、悪臭を消そう」という事ですね。そして、経血が消去できればそれだけでも素晴らしい事ですが、プラス、膣の中の細菌類のバランスも確保しやすくなります。

すると、膣に元々備わっている自浄効果(自分で自分を綺麗にする効果)が蘇り、悪臭に見舞われにくくなります。

 

■膣洗浄に関する留意点
指や普通の石鹸を用いて洗浄してしまった場合、デリケートゾーンを傷つけて、逆効果になってしまう可能性が高いです。膣洗浄用品が販売されていますから、絶対にそれを用いましょう。

また、膣の中までは洗浄しない形式のものを購入する事を推奨します。なぜなら、膣の中には無数の常駐菌が住み着いており、それらが自浄効果をサポートしてくれているからです。常駐菌を殺さないように、という配慮ですね。オリモノ臭い